1942年 ロサンゼルス上空の飛行物体






このUFO は1942年2月25日に写真に撮られ、そして「ロサンゼルス・タイムズ」 (Los Angeles Times) で特集された。 奇妙な空中の侵入者がその朝にロサンゼルス (Los Angeles) のカルバーシティーとサンタモニカ ( Culver City and Santa Monica) エリアに滞空した。 それは「巨大で」、色は「青ざめたオレンジ色」として目撃者によって記述された。
(下の写真)光の小さなかたまり(点) はUFOではなく、オブジェクトに発砲された防空用の砲弾の爆発だ。オブジェクトが視野から姿を消す前に、弾薬は約2000発近くが発射された。光の筋はオブジェクトを判明するために、それに焦点を合わせるように投じられた地上に置かれたサーチライトの光だ。

This UFO was photographed on the 25th February 1942 and was featured in the Los Angeles Times. A strange aerial intruder hovered over the Culver City area of Los Angeles during that morning. It was described by one eyewitness as "enormous" and "pale orange" in colour. The blobs of light are not UFOs but bursts of anti aircraft shells being fired at the object. Nearly 2000 rounds of ammunition were discharged before the object disappeared from view. The beams of light are earth based search lights focussing on the object which can just be made out. Source

事件の概要
1942年2月25日(日本軍の真珠湾攻撃の80日後のことである)、ロサンゼルスの西、約193kmの地点を、20〜25個もの点滅する「銀色の光」:未確認飛行物体の編隊が、太平洋岸の米軍事施設および海軍基地に向かっているとの情報が海軍情報部から、極東戦略作戦本部へ発信された。
午前2時15分、問題の物体は日本軍の航空機の疑いがあるとして、第37沿岸砲兵旅団の対空砲兵中隊が警戒体制に入った。
この銀色の20〜25個の飛行編隊は湾岸近くで高度約4000mから約2600mまで降下して、戦術的飛行編隊に戦力を分散し(各3〜6機の編隊)、軍のレーダー、探査用光学機器、ロス市警、市民などによりその存在が確認された。

ロサンゼルス上空の未確認飛行物体事件を大統領へ伝える機密文書(GHQ総司令部よりの情報)
資料A&AA(下記参照)


1. 未確認の航空機は、米合衆国陸軍または海軍のものではない。おそらくロサンゼルス上空を飛行したものとみられ、第37沿岸砲兵旅団(対空砲兵中隊)の複数の小隊が、午前3時12分から4時15分までの間砲撃した。これらの部隊は1430発の弾薬を使用した。
2. 関係した未確認航空機は15機に及ぶらしく、公式の報告書によれば「非常に遅い速度から時速200マイル(約322km)に至るさまざまな速度で、9000〜18000フィート(約2743m〜5486m)に及ぶ高度で飛行した。
3. 爆弾はまったく落とされなかった。
4. わが軍の戦闘犠牲者はなし。
5. これらの未確認航空機は1機も撃墜されなかった。
6. 当時活動中の米国の陸・海軍航空機はなかった。



機密解除
E.O.11652.Sec.3(E)及び5(D)または(E)
1972/3/3 OSD書簡
by__NARS Date 1974/4/9



号外:ロサンゼルス・タイムズ紙」
ロス・エリア襲撃される!
日本軍用機が、サンタモニカ、シール・ビーチ、エル・セガンド、レドンド、ロング・ビーチ、ヘルモサ、シグナル・ヒルに来襲!!

1942年2月25日

「ニューヨーク・タイムズ紙」:警報は本物と陸軍発表、「襲撃」の謎未解決!

見えない敵への砲撃、飛行物体の侵入報告

1942年2月26日


クリック:拡大LOS ANGELES TIMES


資料A:
ロサンゼルス上空の未確認飛行物体事件を大統領へ伝える機密文書
(GHQ総司令部よりの情報)


クリック
:拡大 大統領へ伝える機密文書









西部防衛司令部は、未確認飛行物体は防空当局に登録されておらず、これらは「合衆国の航空機ではない」と主張した。
「ロサンゼルス・タイムス」の公式写真から見て、当時件の円盤型機械はいかなる「地球起源の航空機」とも異なり、無音で低高度を低速で(時速150m〜200m)で飛行し高性能の対空放火をまったく無視するように回避している。これだけの対空砲弾の中、1機も撃墜されなかった言うのはありえないことであるとしている。



戻る



















SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO